SALON ヌーソロジーオンラインサロン

「ヌーソロジーと哲学 2」

「ヌーソロジーと哲学 2」

関連記事

「ヌーソロジー研究所発足の舞台裏」 (ゲスト講師:高橋暢雄)

「ヌーソロジー研究所発足の舞台裏」 (ゲスト講師:高橋暢雄)

武蔵野学院大学学長の高橋暢雄氏をゲストにお迎えしてのトーク・ライブ。武蔵野学院大学大学院内にヌーソロジー研究所が設立されるようになった経緯などをお話になります。

「ヌーソロジーとドゥルーズ=ガタリ」Part3——資本主義機械の世界

「ヌーソロジーとドゥルーズ=ガタリ」Part3——資本主義機械の世界

ドゥルーズ=ガタリの『アンチオイディプス』の欲望機械について採り上げた第3回目で、原始土地機械、専制君主機械に続く3番目の欲望機械として、資本主義機械が登場します。ヌーソロジーにおいては、胚珠的渦流をψ7~8の人間の元止揚の運動に対応させ、原始土地機械はψ10の人間の感性の運動に、専制君主機械はψ9の人間の思形の運動に対応させています。ここまでが、人間全体の歴史発達的観点からは近代以前の人間の無意識運動だったと言います。そして、近代以降がψ11~12の人間の定質と性質の運動と対応する資本主義機械というわけです。資本主義と一口に言っても、近代科学の発展と対応するかのように、初期資本主義、修正資本主義と進んで行き、今やIT革命によりデジタル資本主義へとコマを進めている感じです。こうした資本主義の力動の原理のようなものを、ヌーソロジー独特の視点でケイブコンパスを駆使して軽快に解説してくれます。

「現代思想のゆくえ――存在論的転回から『霊』の日本へ」 (ゲスト講師:甲田烈)

「現代思想のゆくえ――存在論的転回から『霊』の日本へ」 (ゲスト講師:甲田烈)

妖怪博士の異名をとる哲学研究者であり、東洋大学井上円了研究センター客員研究員である甲田烈氏をゲスト講師にお迎えしてのトーク・ライブ。現在の思想シーンの中で、実在論的転回とともに注目されている、霊性思想と結びつきの強い、存在論的転回を採り上げ、それ以前に既にそれを遂行していた小泉八雲についてお話されます。

今読まれている記事

ヌースアカデメイア公式サイト
ヌースアカデメイアオンラインショップ
ヌーソロジーオンラインサロン
ケイヴシンドローム
武蔵野学院大学ヌーソロジー研究所
アニマンダラ
関西ヌーソロジー研究会
ヌーソロジー探求クラブ
イデアサイコロジー
Raimuのヌーソロジー入門
Noos Eggs
NOOS WAVE MAGAZINE