NOOSOLOGY ヌーソロジー

時間と別れるための50の方法 Vol.14

TEXT BY KOHSEN HANDA
時間と別れるための50の方法 Vol.14

3次元空間を二つに分割しよう

アカデメイア・ブログの方にもψ3とψ4の区別がよく分からないという質問が幾つか届いていますので、ここで単なる幾何学的概念としてではなく、ψ3とψ4が実際に僕らの目の前で認識されている3次元空間上でどのような空間として現れているのか、くどいようですが、その具体的な風景をゲットするためのワークを紹介しておきます。

 まず、下図1のように、モノを中心にしてモノを絶えず見つめながらその周囲を回ってみましょう。そうすると視野空間上でモノの表面とその背景空間の見えが次々と変化していくのがわかるはずです。そして、そのまま一回転すると元の場所に戻ってきます。このとき視野空間上ではモノの表面の一点と背景空間上の一点は前回お話したように、同じものに見えていますから、この回転によって綜合化されて認識に現れてくるモノと空間はモノの全表面としての凸球面と、同じくモノの全背景面としての凹球面を併せ持った形になっているのが分かります。このとき、モノを無限に小さいものと仮定すれば、中心点とその背後をつなぐ線分の回転によってできる球空間がψ3と見なせます(図1の青い矢印参照)。

一方、こうしたワークをやっているときに、当然のことながら「わたしがモノの周りを回っている」という認識が意識に起こっているのが分かります。この「モノの周りを回っているわたし」というのは、僕がいつも言っている「モノの手前側に感じ取られているわたし」、言うなれば「わたし」の肉体が意識されている位置のことです。

 さて、ここでこの「モノの手前側にいるわたしの位置」という認識が意識においてどのようにして起こっているかを注意深く考えてみましょう。すると、その位置はモノの表面からモノの手前方向に放たれた矢印のようなイメージによって指し示されていることが分かります(図1の赤い矢印参照)。この矢印は当然、「わたし」の顔の位置当たりに向けられているように感じられていると思いますが、この矢印の先端が回転によってなぞっていく球面は方向としてはわたしの後方向をなぞって生じていく知覚背面側を向いているのが分かります。

 つまり、モノの周囲を回っていくときに、わたしとモノの間を直径とするような球空間の認識がそこに生まれてくるわけですが、この球空間はモノから自分の肉体の後ろ方向へと広がっている球空間の認識の範疇にあるということです(これがいつもお話している鏡像空間です)。

 実際にこの回転のワークを行って自分の空間認識の状況を確かめてみればすぐに分かることですが、一般に3次元空間と言った場合、僕らの空間イメージは後者の方、つまり赤い矢印によって形作られる3次元空間側の概念に支配されているのが分かるはずです。数学でいう3次元座標の概念などはその典型と言っていいでしょう。つまり、そうした空間認識においてはψ3の球空間側が無意識化されて認識から消え去ってしまっているわけです。ほんとに奇妙な話なのですが、実際に見えている側の空間の方が認識から排除されてしまっているということが、現実に僕らの意識上で起こっているのです。

 ………さあ、どうでしょうか。モノとその背景方向が形作る球空間、そしてモノとモノの手前方向が形作る球空間。結果的に、この両者が次元観察子のψ3とψ4にそれぞれ対応してくるわけですが、ヌーソロジーが語る天使的な宇宙世界に参入してみたいと思う方は、この両者の違いがはっきりと見えてくるまで、何度も何度もこのモノから広がる空間の二方向が作る差異を見抜くトレーニングをしていただければと思います。ヌーソロジーの文脈の中では、いずれこの差異の発現が従来の物質中心の人間の世界認識を激変させていくための重要な基礎概念になっていきます。

 

 この次元観察子ψ3とψ4をヌース理論では「人間の意識進化の方向の顕在化」と呼びます。これは大げさでなく、宇宙卵の第一卵割と言ってもよいような事件です。ヌーソロジーの観点から言うと、この「顕在化」の次元は顕在化が起こる以前の空間とは全く別種の次元になります。つまり、次元のシフトが起こるわけです。もちろん、この顕在化が意識に起こったからと言って、突然、超能力が芽生えるわけでもないし、愛に満ちた人間に豹変するわけでもありません(笑)。いつも言っているように、人間社会の中ではあくまでも以前の「わたし」のままであり、その意味で言えば、ヌーソロジーが説く意識進化とはすぐにそのご利益が望めるものではありません。それは人知れず各々の個体における内在空間の中で密やかに進行していくものであり、スピリチュアルで騒がれているアセンションに比べれば極めて地味なものと言えます。しかし、無意識構造全体の歴史の中ではこれはまさに突然変異とも言っていい大変動になります。ちょうど、多神教的世界に突然、一神教が現れたり、天動説から地動説に宇宙の見方が変わったりと、人類が経験してきた過去の大きな意識変動に匹敵する、いやそれ以上の変動をもたらす兆候となるものではないかと僕自身は感じています。

 この顕在化の作業はψ3~ψ4から始まってψ13~ψ14まで六段階のステップを踏んで行くのですが(ψ1~ψ2を最初の段階と見なすと合計七段階となります)、これらの観察子のプロセスの認識を築いていく意識体が、もう皆さんもよくご存知の「トランスフォーマー=変換人」とです。そして、ψ13~ψ14の次元観察子まですべてを顕在化に導いたときに、「ヒト」という人間とは全く違った生き物が誕生してくることになります。

コウセン: ヒトとは何ですか?

オコツト: 新しい力を持った人間のことです。次元の方向性を覚醒したもの。(シリウスファイル)

――つづく。

関連記事

時間と別れるための50の方法 Vol.9

時間と別れるための50の方法 Vol.9

視野空間は知覚正面と言うように、「面(めん)」として開示しているにもかかわらず、その「面」を外部(他者側)から見ると瞳孔という一つの点状の小さな穴に化けてしまっている

TEXT BY KOHSEN HANDA
時間と別れるための50の方法 Vol.6

時間と別れるための50の方法 Vol.6

「前」についてばかり話していても何なので、ここで「後ろ」についても少しだけ触れておきましょう。言うまでもなく、「後ろ」は見えません。

TEXT BY KOHSEN HANDA
時間と別れるための50の方法 Vol.7

時間と別れるための50の方法 Vol.7

現在、このブログでは2008年の2月に出版した『2013:人神が神を見る日』のアドバンスト・エディションの補足となる内容を思いつくまま書いている。

TEXT BY KOHSEN HANDA

今読まれている記事

ヌースアカデメイア公式サイト
ヌースアカデメイアオンラインショップ
ヌーソロジーオンラインサロン
ケイヴシンドローム
武蔵野学院大学ヌーソロジー研究所
アニマンダラ
関西ヌーソロジー研究会
ヌーソロジー探求クラブ
イデアサイコロジー
Raimuのヌーソロジー入門
Noos Eggs
NOOS WAVE MAGAZINE