SALON ヌーソロジーオンラインサロン

「シュタイナーの歴史意識の発達理論とケイブコンパスの関係」

「シュタイナーの歴史意識の発達理論とケイブコンパスの関係」

関連記事

「第12章 ソールスベリー平原の彼方に」

「第12章 ソールスベリー平原の彼方に」

『2013:人類が神を見る日』通読の最終回。1992年、当時のニューサイエンスの大御所D.ボーム氏に会うためロンドンに飛んだ半田広宣一行。そこでのエピソードが語られ、物語はフィナーレへと向かいます。

「第8 章 5 次元アセンション」 part.4 ―位置の等換と位置の融和について― 「第9 章 シュレーディンガー・ルーレット」 part.1

「第8 章 5 次元アセンション」 part.4 ―位置の等換と位置の融和について― 「第9 章 シュレーディンガー・ルーレット」 part.1

ヌーソロジーの5 次元認識は、次元観察子のψ9~10 が顕在化を起こしたときに生まれてくると言われ、このときの意識状態を「位置の等換」と「位置の融和」と言います。まさにこれこそが5 次元アセンションの本来的意味というわけで、第8 章の特別編として、ψ9~10について解説します。そして、ヌーソロジーの肝中の肝である第9 章の物理学編に突入します。

「実録・井の頭事件」

「実録・井の頭事件」

ヌーソロジーのソースと言えば、1989年から1995年の約7年間の半田広宣氏と「冥王星OCOT(オコツト)」と名乗る謎の石期待とのチャネリング体験ですが、実はその前段として半田氏には知る人ぞ知る「オリオンのNOMI(ノミ)」と名乗る意識タイトの第一次チャネリング体験がありました。それは俄かに信じ難いほどの、半田氏にとっては壮絶なる体験でした。これを語らずして、真のヌーソロジーの期限は語れないという、実録「井の頭事件」です。

今読まれている記事

ヌースアカデメイア公式サイト
ヌースアカデメイアオンラインショップ
ヌーソロジーオンラインサロン
ケイヴシンドローム
武蔵野学院大学ヌーソロジー研究所
アニマンダラ
関西ヌーソロジー研究会
ヌーソロジー探求クラブ
イデアサイコロジー
Raimuのヌーソロジー入門
Noos Eggs
NOOS WAVE MAGAZINE